北海道モーツァルト協会の紹介

北海道モーツァルト協会について

北海道モーツァルト協会は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)の生涯とその音楽作品に焦点を当てた音楽祭を実践するために組織された非営利音楽文化実践任意団体です。
本会は、1997年に北海道七飯町で”モーツァルトin七飯”というモーツァルトの音楽祭の活動が本協会の設立の礎となりました。その後、七飯モーツァルト協会を設立し本協会の前身となり1999年に協会名称を現在の北海道モーツァルト協会とし、ボランティアで運営する会則を有する任意団体として活動しています。
以後、道南を中心に北海道各地において『祝祭・国際モーツァルトin北海道』を運営し、毎年企画内容を海老澤敏氏の指導のもとで11回開催してきました。
平成20年度より本協会の活動を『祝祭・国際モーツァルトin北海道』の運営の他に、会員制度による海老澤敏氏を講師にお招きして定期的な『海老澤敏モーツァルト講座』を札幌市内で開催します。

 

祝祭・国際モーツァルト in 北海道 2008

モーツァルト音楽啓発活動を通して、地域において創られる音楽文化の発展に寄与することを目指しています。 本会は、単に西欧の文化を演奏会として活動展開するだけでなく、モーツァルトの生涯に光を当て、地域に受け入れられる企画とするために、シンポジウム・セミナー等を行いながらレクチャーコンサートを開催します。また、地元の演奏団体などの育成を期したプロ演奏家との交流といった音楽実践を行い、さらに、地元協賛企業の音楽療法的な「遊び」を取り入れた支援製品の開発など、地域全体がモーツァルト音楽に浸れるような環境づくりを目指します。

 

海老澤敏モーツァルトレクチャー 2009

北海道モーツァルト協会は、1997より道南を中心に北海道広域で『祝祭・国際モーツァルトin北海道』を開催して参りました。
北海道モーツァルト協会は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)の生涯とその音楽作品に焦点を当てた音楽祭を実行するために組織された非営利音楽文化実践任意団体です。

2007年10月に、札幌事務局を開設するに当たり札幌での本協金活動の活性化を目指して、モーツァルトの世界的な研究者としてご高名な海老澤敏氏を招聘し、音楽実践を付してのレクチャーを年間2回開催します。
北海道内でのモーツァルト音楽愛好者が集う海老澤敏氏のレクナャー開催は、21世紀に生き銃けるモーツァルト音楽への理解と、よろよき地域での発展を願う者の価値ある集いとなります。

 

彼氏からの恥ずかしい一言

私が毛深くて悩んでいる箇所は2箇所あります。脇毛と陰毛です。

脇毛は太くて多く、毎日お風呂で剃っています。たまたま『冬だし、エッチする予定もないし、今日はめんどくさいからいいや』と思って脇を剃らなかった次の日、彼氏からエッチしたいと言われ、断れず、なんとか脇が見えないように腕を下げていたら、いきなり腕を上げられ一言、『毛の処理とかしないんだね』。

いつもはしているのに、たまたま剃らなかっただけなのに・・・・髭のように短く生えている脇毛を見られてとても恥ずかしかったです。

それ以降、どんな時でも脇毛の処理は必ずしています。
お泊りの時も100均で売っている剃刀を持参して剃るようにしています。彼氏とお風呂に入るときは夜中にこっそりお風呂に入り剃っています。

肌のことも考えて脱毛に行った方がいいと思いますが、やはり痛いのは怖いなと思って勇気が出ません。
でももうこんな恥ずかしい想いをしないように、勇気を出して痛くないところを探して行ってみようと思います。

もう1つ恥ずかしい想いをしたのは陰毛の多さと長さです。
陰毛は1度だけ長さが気になりハサミで切ったことがありますが、そのあとチクチクして痒くて我慢できないほどだったので、それ以降手入れはしていませんでした。

彼氏とのエッチの時、『下の毛処理しないの?ちょっと臭うんだよね、やってあげようか?女の子はみんなやってるものじゃないの?』と言われました。
臭うと言われたことがとても恥ずかしく、自分の陰毛の多さを呪いました。

ハサミで切るとチクチクすることはわかっていたので、Amazonで陰毛処理専用のシェーバーを即購入。
これでもかというくらい短く剃りました。
その後は臭いしなくなったねと言われました。

今は家から近い小倉の医療脱毛に通っています。通って1年近くになりますが、かなり薄くなってきました。もっと早く通っておけば良かったと後悔しています。

参考サイト・・・北九州市小倉の医療レーザー脱毛クリニック※どこで脱毛すればいい?

 

見えないところだからこそ脱毛でキレイにしたい

脱毛をしたい場所、それはVIOラインです。以前はあまり気にしていませんでした。

でも海外の女性はVIOラインのムダ毛の処理は女性としてのマナーであり、身だしなみの一環として考えている、ということを知って衝撃が走りました。

アンケートによると、日本人女性は見えないところだからということで、VIOラインのムダ毛の処理を怠っている人が多い、ということでした。

確かに腕や足とは違って、VIOラインは他人からは見えない部分です。しかししっかりと処理をしておかなければ、トラブルの原因になるそうです。

デリケートゾーンのトラブルなんてとても困るけど、どうしたらいいのか分かりません。だったら、トラブルが起きる前に対処をするべきだと思います。

VIOラインは自分ではチェックをすることがないので、どういう形にするのが理想的なのかも分かりません。

またお肌も他の部分よりも柔らかいということもあり、自分で処理をすると傷つけてしまうかもしれないので、手を出すことができないのです。

最近ではVIOラインも脱毛サロンで処理することができるようになりましたし、永久脱毛を行うことができるクリニックでも施術の際の痛みを軽減させるために、麻酔を使って施術を行ってくれるそうです。

お肌もデリケートだからこそ、痛みも強く感じてしまうということがあると思います。

麻酔を使ってくれるのであれば安心をして施術を受けることができますし、脱毛もどこまで行ったらいいのか、と相談をすることもできます。

中には形を理想的なものに近づけてくれるというところもあるそうです。

見えないから手を抜いていい、ムダ毛の処理を一切行わなくてもよい、というわけではないと思います。

見えない部分だからこそ、丁寧に処理をしなければいけないと思いますし、脱毛を行うことによって様々なトラブルを未然に防ぐことができるのであれば、それだけで施術を受ける価値はあると思います。

ってことで、今度脱毛しに行こうと思ってます。私の住む函館にも脱毛店は結構ありますからね。<函館市の脱毛情報

身だしなみの一環としても考えたいです。

中性的なのに毛が濃い

私は男ではあるのですが顔立ちは男らしい方ではなく、どちらかと言うと中性的とよく言われてしまいます。

ですので極力ポップなファッションなどで違和感がないようにしているのですが、何分毛深いということがあって、私はあごひげがすぐに生えてしまいます。

それだけに朝慌てていてひげを剃るのを忘れてしまうと、夜になるとくろぐろとひげがたくさん顔を出してしまうのです。

特に会社ですと恥ずかしくてマスクで口元を全面的に隠してしまう程です。

もともと顔立ちが男らしい堀の深い印象であればひげが生えていても若干ワイルドさが出てくるかと思うのですが、私の場合ですと汚らしさしか残らないのが欠点です。

会社で気づいても会社で剃るわけにもいきませんし、永久脱毛も検討してみたのですがどこも施術費が高くて簡単には行けません。

お金さえ貯まればすぐにでも受けに行くんですけどね。でも今はまだ行く余裕もないので、自己処理するようにしています。

ピンセットで一本一本長時間かけて抜いていくのですが、これも最初は会館でどんどん抜いていくのですが後半か指が痛さで悲鳴を上げだして全部抜ききれません。

そんなときにこそ私自身の毛深さを恨みます。こんな処理もいらず、肌がきれいな芸能人のように一度でもいいからなってみたいと夢を見ながらひげを剃る毎日を送っているのです。

あ~早くお金を貯めて、全身脱毛が出来るようになりたいですね。そしてムダ毛に悩まなくて済むツルツルの肌になりたいです。。。

なんて悩んでると、私の10年来の親友も同じことで悩んでいました。彼もどちらかと言うと中性的な顔立ちなのに、ひげが濃い。

昔はそんな話をしたことがなかったので、最近になってこんな話ばかり。

そんな彼が教えてくれたのがこのサイト【全身脱毛メンズ】。全身脱毛の料金などが分かりやすくまとめてあります。

彼はもうすでに通っているみたいなので、私も通おうと思っています。